笛吹市医師会 会長  太田 昭生

 笛吹市医師会ホームページにアクセスいただきありがとうございます。笛吹川の清流、湯けむりの石和温泉、桃や葡萄が豊かに実る果樹園、俳人飯田蛇笏・龍太、小説家深沢七郎を生んだ風土、それらが私たちの住む笛吹市です。
 笛吹市医師会では医療保健予防の充実により市民の健康を守るために、@身近な医療機関として一般的な疾病に質の高い安全な診療を提供したり、地域で対応できる医療内容を増やすこと、A少子化・人口減少のなか産み育てる世代を支援できること、B市内で解決できない傷病については他地域の医療機関と連携すること、C救急医療充実のために、診療所医師と病院勤務医師が協働して休日夜間当番体制を維持すること、D発生が懸念される、新型インフルエンザなど感染症の流行あるいは富士山の噴火や東海地震など災害発生時に速やかに対応できるよう、関係機関とともに定期的に模擬訓練を行うこと、E乳児検診や子どもの予防接種、学校医、産業医、介護保険審査、健康スポーツ指導などの保健活動を行うこと、F専門集団として行政へ見解を述べることなどに、努めています。
「笛吹市に住んでいれば慢性疾患の管理も、急な傷病のときも安心」と言われるよう、関係各位と協力して充実した医療・保健活動をこれからも提供して行きたいと考えております。医師会活動の発展のために、住民の皆様からの多くのご意見をお待ちしています。

2018年4月